Entries

スポンサーサイト

日本の運用会社トップ10のHPには一つとしてレスポンシブデザインがない

一昔前はホームページつくりました!すごいっしょ!みたいな時代もあったわけですが、今やホームページどころかsnsやら動画やらなんでもありの世の中になってきました。単純なサービス提供型から、体験提供型の世の中に変わりつつあるのかもしれませんね。そんな中で、資産運用会社でもある程度以上の残高があれば、どのようなデザインや設計にするかは、常に担当者が頭を悩ませていることだと思います。その中でも、PCの時とスマ...

投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2015 に投票しました

運用業界で働いている事もあり、例年投票を控えていた投信ブロガーが選ぶfund of the year ですが、今年は様々環境も変わったこともあり、投票してみることにいたしました。昨今は殆ど投票しておりませんので、投信ブロガーと認められるか怪しいところもありますが、運営委員の皆様どうぞよろしくお願いします。Activeindex...

リスクコントロールとGPIF型運用

■リスク・コントロールの重要性について運用会社の人間として働いておりますと、常々数字の上での最も合理的な結論を追い求める機会が多いです。それはもちろんファンドのパフォーマンスで超過収益が出ているかに始まり、色々なことが「運用会社的な」枠組みで測られている気がします。しかし、人間の一生にまとわりつく様々な出来事や問題は、数字だけで解決できるほど簡単ではありません。そして、資産運用であっても、単純に収...

さわかみ・セゾン流出超続く、直販ビジネスに岐路?

割合有名な話ですが、さわかみ投信とセゾン投信のグローバル・バランスは2013年5月に、いずれも設定来初めての月次流出超となりました。(追記訂正 さわかみ投信は5月よりまえから月次流出超となっています。)これまで直販投信の(低位ではあるものの)安定成長の象徴のようにみられていた、月次流入の継続月数の記録更新がここで止まったということになります。いったいこれはなぜなのか、いくつもの可能性が考えられますが、...

貯蓄・資産運用を始める人のための優遇税制(日本版ISA)入門

※当エントリは初めての方向けです。すでに投資ってなんぞとわかっている方向けではありません。消費税やら相続税やら色々な税制改正が今年から始まっていますが、資産運用に関係する税金も2014年から大きく変わります。現在、資産運用から得られる利益には概ね10.147%の税金がかけられています。(株式や投資信託などについて。税率の異なる金融商品も一部存在します)まず変更点の1点目としてこの税率が高くなります!そうです...

Appendix

ブクログの本棚

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。