Entries

スポンサーサイト

直販・独立系投信会社の苦難に光あれ(セゾン投信)

14年度に10万口座・純資産残高1500億円目指す=セゾン投信[東京 25日 ロイター] セゾン投信は2014年度に10万口座、純資産残高で1500億円を目指す。25日、メディア向けの運用報告会で中野晴啓社長が明らかにした。同社の口座数は24日時点で約4万9000件、純資産残高は25日時点で450億円を突破した。中野氏は運用開始から5年を振り返り「ファンドへの資金流入は継続しており、残高では直販独立系の中...

過去の実績で見る、積立投資と一括投資の収益の違い

積立投資のメリットは幾つもありますが、そのひとつにドルコスト平均法というメリットを指摘するパターンがあります。投資信託セレクション 第二回 「投資信託を通じて、どんな時代にも通用する資産運用の考え方を身につける」また、毎月決まった額をコツコツ積み立てる投資信託の積み立てを利用すれば、基準価額が安い時にはたくさんの口数を、高いときには少なく購入することになります。基準価額が高いときに一度に投資するリ...

その手数料は何の対価?

證券や銀行の投信の販売現場向けの情報誌にR&Iの出しているファンド情報があります。最近の号にとてもよい記事がありました。こっそりと一部だけ引用させて下さい…コソコソ…ファンド情報ファンド情報No.116大震災が教えた金融商品を対面販売する意義 より 略) 販売員は手数料を得ていることに関して負い目を感じることなく、発想を変えて、「手数料を得たからには、それに見合った、あるいはそれ以上のアフターケアを将来に渡...

初めての投資信託、何を買えばいいの?

※人それぞれに正解があるので今回のエントリが一概に正解とは言えませんよ。アドバイスとしては書きますが、何の責任も取れないですし。最後はやっぱり自分で考えることが必要になります。よく言われることですが、初めて投資信託を買うときに何を買えばいいのでしょうか?適当にインターネットを漁ってみると日本株のインデックスに連動する投資信託を少し買ってみるといいかも。とか書いてあるのをよく見かけます。それはそれで...

完全にオワコン化している投資信託業界 (ロイターの記事より)

2011年の国内投信、分配総額が純流入額を上回る-------------------------以下引用--------------------------------------[東京 16日 ロイター] 野村総合研究所(NRI)が試算した2011年の追加型株式投信のデータによると分配総額は1998年以来、初めて資金の純流入額を上回った。年金の補完的役目も担う投信は分配型が依然として圧倒的人気である一方、欧州債務問題などで株安が進行するなか、資金の純流入額は...

モーニングスター インデックスファンドで資産運用セミナー に行って来ました

http://www.morningstar.co.jp/event/1201semi/ms/index.htmlモーニングスター主催のインデックスファンドで資産運用セミナーに参加してきました。仕事の都合で第一部の基調講演 「欧州危機と世界経済の展望」は聞くことが出来ませんでしたが、第二部の『これからのポートフォリオ運用を考える』を伺うことはできました。モーニングスターの朝倉氏が司会進行を受け持ちながら、パネリストであるカン・チュンド氏と和泉昭子氏の意...

今年の目標

新年あけましておめでとうございます。大分遅いですが。昨年一年を通してふと感じたことは、個人投資家ってなんて勤勉なんだろう、ということでした。投信ブロガー、株式投資ブロガー等々メディアや手法は様々ありつつも、其々の方が、非常に勤勉に投資についての研究と鍛錬を行なってらっしゃるのだなあと深く感動しております。正直なことを言いますと、運用会社の人間として飯を頂戴している一人ではありますが、自分自身の資産...

Appendix

ブクログの本棚

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。