Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://activeindex.blog101.fc2.com/tb.php/52-e2209603

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本の運用会社トップ10のHPには一つとしてレスポンシブデザインがない

一昔前はホームページつくりました!すごいっしょ!みたいな時代もあったわけですが、今やホームページどころかsnsやら動画やらなんでもありの世の中になってきました。単純なサービス提供型から、体験提供型の世の中に変わりつつあるのかもしれませんね。

そんな中で、資産運用会社でもある程度以上の残高があれば、どのようなデザインや設計にするかは、常に担当者が頭を悩ませていることだと思います。
その中でも、PCの時とスマホの時、どのようにホームページを表示させるかについては、未だスタンダードがないようです。
トヨタやアップルなどは、レスポンシブデザインといって、スマホ用のページも、パソコン用のページも一緒に表示できる新しいタイプの表示方法を使っていたりします。

日本の運用会社のスマホサイト対応について調べてみたものが下の図になります。
今回の記事では上位10社だけを取り上げていますが、殆どはスマホサイトを別運営しています。
会社によってはPC用サイトのみというスパルタンなケースも見受けられます。
ないピクテやブラックロック、シュローダーといった外資系の運用会社では、日本のサイトでもレスポンシブデザインを取り入れるところも出始めています。

何が正解ということではないのでしょうが、海外の大手運用会社ではレスポンシブデザインを採用する動きが加速しています。
その一方で、バンガードなどはPCサイトのみの一本槍ですが、その分表示される情報量は大分少なくなっています。

一先ず何でもかんでも必要なものをぶち込む遵法意識も尊重されるべきものではありますが、
法の趣旨と、投資家と受益者を遅滞なく各人が必要とする情報まで連れて行くというホームページの趣旨から考えますと、
一体どのようなホームページが日本の資産運用業の中では良いのか、今一度考えなおすいい機会なのかもしれません。

表にはありませんでしたが、みずほ投信はPC用、スマホ用、モバイル用の計3種類も同時運用しています。誠にお疲れ様です。


TOP10のホムペ
出所:投信協会
データの基準日:2015年12月末
ウェブサイトについての調査日:2016年1月21日

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://activeindex.blog101.fc2.com/tb.php/52-e2209603

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブクログの本棚

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。